手帳カバーもラミネート生地で

手帳カバーもラミネート生地で

手帳カバーもラミネート生地で 手帳カバーを簡単に作ることが出来るのが、ラミネート生地の素材でカバーを作る方法です。
ラミネート生地は、水をはじいてくれる素材なので手帳カバーに使えば大切な手帳を守ってくれるピッタリの素材になります。ラミネートだと作りにくいのではないかと思われている方も多くいますが、実はミシンで専用の押さえである「テフロン押さえ」を使えばミシンで普通の布と同じように縫うことが出来ます。
ただし、この素材は、縫い直しが出来ない素材ですからゆっくりと塗って縫い直しなしをしなくても済むようにすることです。また縫うことが苦手な人では、専用のボンドがありその専用のボンドを使えば縫う必要がなく貼るだけで作ることが出来ます。ボンドを使えば、お子さんでも簡単にカバーを作ることが出来るのがこの素材の魅力でもあります。カバーとしては、汚れが付きにくく汚れて拭き取ることが出来るのでカバーとして使い易い素材で多くの人が利用しています。

入園グッズはラミネート生地で

入園グッズはラミネート生地で お子さんの入園グッズを手作りでと考えている方は、生地選びから入っていきます。今は注文すればお好みの商品をサイズも合わせて作ってもらうこともできますし、既製品で購入することも可能です。しかし手作りですとお子さんもきっと喜んでくれますし、作っているお母さんやお父さんも、愛情を入れることが出来て園生活もきっと楽しく送れるでしょう。
ちなみに入園グッズで定番のレッスンバッグで使うなら、キルトと考えている方は多いかもしれません。お勧めしたいのがラミネートです。ラミネートは、布地をビニールデコーティングしていますので光沢があり汚れにくく汚れても拭き取るだけで綺麗になりますので元気なお子さんでも安心です。シミになることもほとんどありませんし、切れたりほつれたりと言ったこともしにくいのが注目ポイントです。ミシンで縫うときにはシリコンスプレーを準備すればオッケーです。あとは穴があくので縫い直ししないように注意です。

新着情報

◎2020/8/3

アイロンでラミネート加工
の情報を更新しました。

◎2020/5/29

様々な用途で利用することが可能
の情報を更新しました。

◎2020/3/27

ポリ塩化ビニルを使った加工
の情報を更新しました。

◎2020/2/10

手帳カバーもラミネート生地で
の情報を更新しました。

◎2019/11/12

テーブルクロスに利用
の情報を更新しました。

◎2019/9/13

サイト公開しました

「ラミネート カバー」
に関連するツイート
Twitter