様々な用途で利用することが可能

様々な用途で利用することが可能

様々な用途で利用することが可能 ラミネートフィルムによる加工は大切な写真を長期間キレイな状態で保存したり、防水対策の一環として利用されています。インクジェットプリントをするとそのままにしておくと汚れや色の劣化が起こりやすくなる傾向にありますが、専用のフィルムで加工してあげることで綺麗な発色のまま維持することが出来ることから、自宅で加工を行う方が多いです。
一般的に写真の保存で利用されている加工方法ですが、ラミネートフィルムは様々な用途で活用することが可能で、主に飲食店などで利用するメニュー表や大切な人に配るパンフレットにも使用されています。特に多くのお客さんが利用する飲食店のメニュー表は、紙のままだと繰り返し使用するたびに汚れや素材の劣化が起こりやすくなってしまうデメリットがありました。しかしフィルムで加工することにより汚れや水に強くなり、万が一お客さんが水をこぼしてしまっても再度メニューを作り直す必要がないので活用されています。
他にもお気に入りの花を保管しておく方法として押し花を加工してしおりにしたり、名刺を加工することでワンランクアップした仕上がりにするという方が増加中です。専用のラミネーターが無くてもアイロンで加工することが可能なので、様々な用途で活用することが可能です。

ラミネートで強度アップして長持ちできる

ラミネートで強度アップして長持ちできる 印刷しただけの写真などですと時間とともに劣化していきますが、ラミネートをほどくすことで強度をアップすることができます。
お店などでは一般的に使われていて、レストランのメニューや店内に貼られているポップなどはよく目にするでしょう。耐久性を上げる以外にも水にも強くなる利点もありますし、光沢が出ることで目立つようにもなり半永久的に使用できるようになります。加工するときには熱を加えて圧着する方式が一般的ですので、クレヨンなどの変色、色落ちの危険がある画材で描かれたものには適さない場合もありますし、水分を多く含むようですと気泡ができたりシワになったりすることもありますので、プリント直後にはよく乾かしてから使用しましょう。ラミネートできるものは紙がほとんどで、金属、木片、ビニール、布などには向いていませんが、強度を上げる以外にも見栄え良く高級感を演出できますし、長期的に見ればコスト削減効果にもつながります。

新着情報

◎2020/8/3

アイロンでラミネート加工
の情報を更新しました。

◎2020/5/29

様々な用途で利用することが可能
の情報を更新しました。

◎2020/3/27

ポリ塩化ビニルを使った加工
の情報を更新しました。

◎2020/2/10

手帳カバーもラミネート生地で
の情報を更新しました。

◎2019/11/12

テーブルクロスに利用
の情報を更新しました。

◎2019/9/13

サイト公開しました

「ラミネート 用途」
に関連するツイート
Twitter