ラミネート生地の情報はこのサイトにおまかせ!

このサイトではラミネート生地の、使い方などを紹介しています。
頑丈で濡れても良いのが特徴ですので、様々なアイテムとして活用することができます。
小さな子どもの持ち物から、大人の女性が使っても違和感のないものまで様々なものがあります。
使い方や特徴のことを知ることによって、どんな使い道があるのかを考えることが可能です。
幅広く利用できるものだからこそ、特徴を知って自分が欲しいものを考えることがオススメとなります。

ラミネート生地の使い道

ラミネート生地の使い道 ラミネート生地の使い道は様々なものがあります
ラミネート加工された生地ですので、水や汚れなどを弾いて綺麗にアイテムを保つことができます。
そのため、特に使い道としてオススメなのがバッグになります。
バッグであれば、借り物の本なども濡れる心配がなくなります。
また、女性にオススメなのがメイクポーチです。
メイクは色がついたものを使うことが多いですが、その色汚れもラミネートであればポーチ自体を汚さなくて済みます。
その他、弁当袋や手帳などのカバーにも向いています。
汚れを防ぐという意味では、ランチョマットやテーブルクロスとしても活用できます。
食べ物が落ちたとしても、サッと拭くだけで汚れを落とすことができて衛生的です。

ラミネート生地にオススメのハンドメイドとは

ラミネート生地にオススメのハンドメイドとは ラミネート生地とは、コットンやリネンなどの素材の表面にポリ塩化ビニールを張り合わせたものになります。
表面にラミネート加工したものが一般的ですが、裏側を加工したものもあります。
ラミネート加工がされたものは、見た目が既製品のような仕上がりになるため、使いこなせると質の良いハンドメイド作品を作ることが可能です。
ラミネート生地は初心者には扱いにくい生地ではありますが、使いこなせれば様々な作品を作れます。
特にハンドメイドで作るときにオススメなのが、ファスナーをつけて化粧ポーチやペンケースなどです。
特に化粧ポーチは表面だけ水や汚れを弾くため、色のついたものを扱いやすいメイク用品を入れるのにはぴったりとなっています。
他にも、紐をつけてお弁当の袋として活用したり、がま口の口金をつけて小銭入れにするなどもオススメです。
加工が難しいという場合には、加工することをやめてランチョマットやテーブルクロスとして利用するというのもハンドメイドの楽しみ方と言えます。
ただし、特殊な加工がされているため通常の縫い方では縫えないというデメリットもあります。
自分で色々なものを作りたいという場合には、テフロン押さえなどの専用の道具を揃えることが大切です。

新着情報

◎2020/8/3

アイロンでラミネート加工
の情報を更新しました。

◎2020/5/29

様々な用途で利用することが可能
の情報を更新しました。

◎2020/3/27

ポリ塩化ビニルを使った加工
の情報を更新しました。

◎2020/2/10

手帳カバーもラミネート生地で
の情報を更新しました。

◎2019/11/12

テーブルクロスに利用
の情報を更新しました。

◎2019/9/13

サイト公開しました

「ラミネート 使い」
に関連するツイート
Twitter