ラミネート生地の情報はこのサイトにおまかせ!

ラミネート生地で小物を作ってみましょう!

ラミネート生地で小物を作ってみましょう! ラミネートは、複数の材料を重ね合わせることを言います。
よく使われるのは紙にビニールを貼り合わせて耐久性を持たせる加工のことを言うときです。
だからビニールを貼り合わせたような生地のこともラミネート加工と言います。
このような生地を使って小物を作ると、中身が濡れなくて便利なものが作れます。
例えばお弁当箱を入れるためのケースです。
耐水性に優れているのは外側ですが。
ちょっとした汚れが付着するのが気にならなくなります。
汚れがついてもふきとればいいので、洗濯する回数を減らすことができます。
巾着のようにすると縛る部分が劣化しやすいので、折り曲げて使うような形の方が適しています。
中に入れる箱よりも少し長めの袋状にして、入れた後に余った部分を折り曲げればしっかりとラッピングできます。
外れてしまうことがきになるようならゴムバンドなどを使って固定すると良いでしょう。
縫う場所もほとんどなく、直線的な加工だけなので、初心者でもすぐに作ることができます。

ラミネートの生地でエプロンは簡単に作れます

ラミネートの生地でエプロンは簡単に作れます ラミネートの生地でエプロンを作るのは、難しいのではないかと思われている人も少なくありません。
ラミネート生地は、表面がビニールでコーティングされているのでミシンで縫う際に縫いにくいということがあり難しいと言うイメージがあります。
しかしミシンの押さえをテフロンの押さえに変える必要が、ありますが押さえを変えるだけで普通の布と同じように縫うことが出来ます。
ラミネートはしつけが出来ないので、しつけ用のテープを購入して縫う場所ではない場所にしつけを行いいます。
縫う場所にテープを貼ってしまうと、ミシンで縫いにくくなってしまうからです。
もしそれでも、ミシンを掛ける時に滑りが悪いと感じる場合には家にあるベビーパウダーなどを利用すれば、縫いやすくなります。
あとは、他の布からエプロンを作るとの同じできちんと裁断して縫って行くだけでになります。
完成すれば、汚れをはじいてくれる素材のラミネートはとても便利に使えます。

新着情報

◎2020/8/3

アイロンでラミネート加工
の情報を更新しました。

◎2020/5/29

様々な用途で利用することが可能
の情報を更新しました。

◎2020/3/27

ポリ塩化ビニルを使った加工
の情報を更新しました。

◎2020/2/10

手帳カバーもラミネート生地で
の情報を更新しました。

◎2019/11/12

テーブルクロスに利用
の情報を更新しました。

◎2019/9/13

サイト公開しました

「ラミネート 簡単」
に関連するツイート
Twitter