ポリ塩化ビニルを使った加工

ポリ塩化ビニルを使った加工

ポリ塩化ビニルを使った加工 レストランのメニューや野外のポスターなど、水に濡れると困るものにはよくラミネート加工がされています。
加工すると表面がポリ塩化ビニルに覆われるので、水に濡れても大丈夫になるので人気があります。
さらに、強度も高くなるため紙のメニューよりも綺麗な状態を長く保てるのでお勧めです。
メニュー以外にも、ポイントカードや社員証を作る人たちもいます。
紙に印刷したままだと見た目が悪く、劣化しやすいのですがラミネート加工をするだけで長持ちするようになって便利です。
加工の仕方は簡単で、ポリ塩化ビニルでできた薄いシートの間に、紙を挟んで熱をかけるだけです。
専用の機械もありますが、温度調節をうまくすればアイロンでも加工できてしまいます。
小さなカードサイズくらいなら、アイロンを代用する方法もおすすめです。
ただし、大きめの紙をラミネートしたいときは専用の機械を使うことをお勧めします。
ラミネートするときに、間に空気が入ってしまうと見た目が悪くなるからです。

ラミネートの強度は情報を正確に伝えることに繋がる

ラミネートの強度は情報を正確に伝えることに繋がる ラミネートは紙をプラスチック製のフィルムに包み、熱を与えることで密着させる技術の総称です。
紙は雨に当たるとしわが生じることもあれば、耐水性がないので印刷された文字や絵などがかすれてしまうことになります。
印字面の強度を保つことができるのもラミネートのメリット、屋外のポスターやチラシ広告などを雨や湿気から守ってくれるメリットを持ちます。
なお、紙以外にもアルミ箔やフィルムなどの印刷物を挟むことができますし、雨や湿気から守ることができるなどからも、様々な分野で活用されている技術といえましょう。

ラミネートの強度には雨や湿気だけでなく、表面の傷の防止や退色防止などの効果を得ることができます。
お店のメニュー広告をはじめ、案内図などのような屋外に掲示するものなどにラミネートを使って保護しておけば安心にも繋がりますし、広告や案内図を見る人に対して正確な情報を伝えることができるメリットもあるのではないでしょうか。

新着情報

◎2020/8/3

アイロンでラミネート加工
の情報を更新しました。

◎2020/5/29

様々な用途で利用することが可能
の情報を更新しました。

◎2020/3/27

ポリ塩化ビニルを使った加工
の情報を更新しました。

◎2020/2/10

手帳カバーもラミネート生地で
の情報を更新しました。

◎2019/11/12

テーブルクロスに利用
の情報を更新しました。

◎2019/9/13

サイト公開しました

「ラミネート 強度」
に関連するツイート
Twitter